看護の仕事を続けるために

● 看護師の仕事 辛さを軽減させるコツ

東日本大震災以降、若者たちの将来の夢は、「人の役に立つ職業につきたい」と大きく変化しました。大変な大災害の中、人々の命を守るために活躍した医療関係者・自衛隊の方々、様々な職業が光り輝きました。
中でも病気や怪我で不安になっている人々を救う看護師という職業は、真価を発揮しました。今でも女の子の将来の夢、「看護師になりたい」という子供たちがたくさんいます。
ところが、「白衣の天使」と言われ患者さんの前では、明るく元気に闊達に見える看護師さんも、離職率が大変高くなってきています。
「結婚育児・介護などの家庭の都合」で求職・退職する方もいますが、「うつ病・燃え尽き症候群」などのメンタル不全になり、たいへん長いあいだ休養を必要とする看護師さんもたくさんいます。
日夜、人々の健康と命を救うために、多くの看護師さんが不眠不休で働いています。
普通のOLと違い、看護師の仕事には、「夜勤・二勤交代・三勤交代」があり、変不規則な生活リズムの中で働かなければなりません。また、即命に関わる緊急事態の場合には、大変な緊張とストレスの中、ミス無く正確に処置しなければなりません。
 
看護師という素晴らしい仕事を生涯続けていくことができるように、一度現在の働き方を見直して、「頑張りすぎて燃え尽きてしまう前に」今、最良の一手を打っておきましょう。
 
● 辛さの分類
看護師さんたちが今抱えている問題や辛さを一言で言い表すことはできないでしょう。大雑把ですが、ここでは、「体・心・家族・将来」と分けて考えていきたいと思います。

~辛さの分類~

【体のつらさ】
・夜勤
・二交代制 三交代制
・睡眠障害
・体の痛み

【心の辛さ】
・人間関係
・勤務中のストレス緊張感

【家族と仕事のバランス】
・家族とのWLB

【将来への不安】
・このままでいいのかしらという漠然とした不安
・スキルアップしたいのに…
・辛さを軽減させていくために
・それらを軽減していくために

モヤモヤしたら、まず自分が一体何で気分を害しているのかをしっかり把握することが大切です。自分と向き合うことを無視しつづけると、いつか不満が爆発してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です